楽器のお話

ヴァイオリンとヴィオラダガンバの違い
ヴァイオリンは民衆の楽器、ヴァイオラダガンバは王宮の楽器。イタリア語で弦楽器の総称として用いられていたヴィオラ "Viola"

これが小さくなったものが "Violino"

英語になりヴァイオリンとなった。

ヴィオラダガンバも Viola(弦楽器)da(前置詞)gamba(脚)であり、脚で支える弦楽器というのが直訳です。

ちなみに日本語でいうチェロ、イタリア語では Violoncello と言います。

Viol(a) 弦楽器 + on(e)大きな + cello 細かい、小さな(細かい)大弦楽器ということになります。
ヴィオラダガンバはヴィオール族に属し様々な大きさのものがある。主なものは、ディスカント、テノールやバス17世紀、18世紀イギリスでコンソートという名前で複数のヴィオール族の楽器でアンサンブルが行われた。
本人が使っているヴァイオラダガンバは自身で作ったものである。

 

 

 

 

バロックヴァイオリンと(モダン)ヴァイオリンの違い
バロックヴァイオリンは繊細な音のため、フランス革命後、より大きな音を出すために、いくつか楽器が変更されました。弦の素材が、羊などの動物の腸からスチールまたはナイロンになった事。弦の張力を増やすため、楽器に対して竿の部分の角度がついたこと。そのため、駒の高さが変わりました。弓の形状も、弓の形(真ん中が膨らんでいる)から反対の真ん中が凹んでいる形に変わった事。など。

 

 

 

 

イタリアでの音楽用語

イタリア語の音楽用語日本で習っていたときはイタリア語と聞いていたのにイタリアでは違うものや音楽用語のイタリア語での意味など。
フェルマータはコロナ「王冠」と言います。

ピッコロはオッタヴィーノ 「一オクターブ(上の音が出せる)小さい(楽器)」、

ファゴットの名前は束ねるという "infagottare" という動詞から出来ている。